0円のゴミ屋敷をリフォームして住んでいます。

海外旅行でお金をぼったくられて日本の口座からお金を引き出せなくなった話

ベトナムに来て2日目の出来事である

旅を始めてから2日目に突入した。

1日目はホテルを探したり、言葉が通じず困ったりと不慣れな事ばかりだが、この状況ですらも慣れを感じ始める自分がいた。

2日目は朝6時頃に目覚め、散歩がてらに徒歩で約2km離れたベンタイン市場という大きなマーケットに行ってきた。

市場の写真は無いけど、YouTubeで後程公開しようと思う。

この市場で初めてベトナムで有名な「バインミー」という食べ物を食べた。

フランスパンの中にビーフと野菜が入っていて、とても美味しくてリーズナブルな価格だった。確か日本円で150円程だったはず。

ホーチミン3区に行ってきた

どうやらネットで検索すると、ホーチミンの1区よりも3区の方が物価が安いと記載されていたので、バスに乗って3区に行って来た。

色々と歩いてみたが、正直なところ1区と3区での値段の差はあまり感じられなかった。

レストランなどなら大きな差が生まれるかもしれないが、僕の場合はローカルなお店、屋台などで購入する事が多いからだ。

この日は散髪とアートメイク「眉毛の化粧」に行ってきた。

日本でアートメイクをするのであれば、約10万円以上かかるが、ベトナムなら18000円程でする事が出来た。

勿論、言葉は通じないからジェスチャーと簡単な英語でなんとか手術をして貰った。

正直分からないかもしれないが、少しだけ眉毛を太くして貰った。

散髪は600円程で切る事が出来た。

上の画像では散髪前の写真を使用している。

夜の街でお金をぼったくられたお話

この旅にもだいぶと慣れも生まれてきて、この日は本当に油断をしていた。

ベトナムでは約7日間の短期滞在なので、お金は2万円しか交換していなかった。

この内、8600円はホテル代に使用していて、現金では10000円程しか残っていなかった。

後にこの1万円をボッタクリによって失ってしまう事になる。

夜になってご飯を食べに行く事にした。

お会計が76000ドンだったので、200000ドン渡したのに24000ドンしか返って来なかった。

ここでまず1回ボッタクリの被害に遭遇した。

この通りをぶらぶらと一人で歩いていると、女性に声をかけられた。

マッサージどうですか?と言われ、僕は断ったのだが、数人に手を引っ張られてマッサージを受ける事になった。

最初の話では60分250000ドンだったのに、マッサージはわずか5分で終了。

追加料金がかかると言われ、お金が無いと言っていったのだが、結局追加で500000ドン支払うハメになった。

この時点で850000ドンのボッタクリ被害にあった。

更に不幸は続く。

この後にコンビニのATMでお金を降ろそうとしていたのだが、PINコードロックがかかりクレジットカードで海外キャッシングもデビットカードでの引き下ろしも出来なくなってしまった。

その時にある女性に声をかけられ、ATM無くても使えるよと日本語の片言で言われ、信じた結果1000000ドン騙されてしまった。

合計で約1850000ドンで日本円で11317円程である。

日本人からすると少額かも知れないが、ベトナム人の平均月間給料が3万円なので、かなりの高額をぼったくられた事になる。

ベトナム人は本当に良い人もいるが、少数で悪い人も居る。

この経験を活かしてこれからの旅の糧にしていこうと思う。

本当にいい勉強になった。

それに現金を下ろせなくても普通にクレジットカードは使えるし、まだ日本円の現金も多少ある。

これからの旅はどうなるのだろうか?

僕の旅はまだまだ続く。

ゆうすけ@底辺FIRE

資産400万円の底辺FIREがYahoo!ニュースと週刊SPAの雑誌に掲載されました。
2022年1月24日に僕の書いた書籍「資産400万円の底辺FIRE」がAmazonで発売されているので是非読んで下さい。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA