0円のゴミ屋敷をリフォームして住んでいます。

「2万円で小屋作り」完成までのプロセス

部屋の敷地内にカフェスペースを作りたい

皆さんこんにちは、前回同様に小屋作りの記事を書いていきたいと思います。

前回は小屋作りのためにセメントで土台を作っていたのですが、今回は木材を使い実際に小屋を建てるまでから完成までを記事になっております。

先に結論から言いますと、かかった費用は28000円程かかりました。

この写真は完成後の写真になるのですが、この様に完成しました。

ゆうすけ
ゆうすけ

オシャレでは無いけど読書スペースの確保に成功

ちなみに僕は大工さんでもありませんし、何も知らない素人です。

図面などは一切使っておらず、感覚だけで作成しました。

ちょうどロードバイクも収納できる所が気に入っています。

ここでロードバイクの整備とかも出来るので嬉しい限りです。

8000円程予算オーバーしてしまったのですが、2万円台なので許して下さいね。

小屋作り1日目

どうしたらあれからこういう風になるのか?と思うかもしれませんが、今から詳細に説明していきますね。

まずは床のコンクリートを練り土台を作った後に、コーナンで木材を買いにいき字を作りました。

コーナンで無料で軽トラを借りる事が出来るので、木材の搬送に利用しました。

これは作業1日目なのですが、買い出し搬送だけでもかなり時間が掛かります。

僕の場合は近くにコーナンがあるので助かりました。

この木材を切って字を作っていきます。

作業に集中し過ぎてあまり写真は撮れていませんが、こんな感じで作業を進めております。

ちなみに動画も撮っているので、またYouTubeで作り方を説明しようと思います。

この様な感じで1日目は字を組んで終了しました。

作業時間は大体6時間程度ですが、動画や写真を撮らなければ1時間は短縮出来たと思います。

小屋作り2日目

次の日も買い出しから始まります。

コーナンで買い物した道具は波板、波板釘、人工芝生、芝生パネルです。

波板が50%のタイムセールで売られていたのでグッドタイミングでした。

タイムセールしてなければ総額4万円は軽く超えていたと思います。

寸歩を測り波板を切ってから、前日に付けた字に波板を波釘で付けていきます。

通りが狭いのでかなり苦戦しました・・・

↑の様に1枚ずつ波板を字に釘を打って取り付けていきます。

角の方は強引に力で曲げて釘を打っています。

中から見た感じはこの様になっています。

この作業を奥の最後まですると一番最初に貼っていた写真の様になります。

意外に簡単なので、是非皆さんも自宅でリフォームしてみてはいかがでしょうか?

自分で作ると費用もかなり抑えられますのでかなりおすすめです。

ちなみにこの作業を業者に依頼すると軽く20〜30万円以上は取られると思います。

最後に買ってきた人工芝生と芝生パネルを取り付ければ完成です。

意外に簡単でびっくりしませんか?

この作業にかかった時間を計算すると、全ての工程を含めて約18時間程度ですね。

それにこれが28000円で作れるなんて素敵ではありませんか?

僕はこのスペースでドヤ顔でiPad持ちながら読書をしたいと思います。

この知識が誰かの為になれば幸いです。

何か質問がある方はTwitterから気軽にどうぞ。

最後になんですが、僕はYouTubeもしているの見に来てください。

チャンネル登録者1万人を本気で目指しています。

ありがとうございました。また遊びに来て下さいね。

ゆうすけ@底辺FIRE

資産400万円の底辺FIREがYahoo!ニュースと週刊SPAの雑誌に掲載されました。
2022年1月24日に僕の書いた書籍「資産400万円の底辺FIRE」がAmazonで発売されているので是非読んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA