0円のゴミ屋敷をリフォームして住んでいます。

「現状に満足するな」このままの自分ではいけないと思った事

nodern art

海外に来て「このままじゃいけない」と本気で思った

皆さんこんにちは、資産400万円でセミリタイアしたゆうすけです。

現在はタイのパタヤで生活をしているのですが、この生活をしていると疑問に思う事が沢山あります。

パタヤには本当に色んな外国人の方が居るんですが、この人達はどんな価値観や人生観を持っているのだろうか?と思い始めたのがきっかけです。

タイに来てびっくりしたのが、日本よりも遥かにお金持ちが沢山いるというのが現実です。

その分類はほぼ欧米人だと思いますが、彼らは一体どういう手段や思想でそこまで辿り着いたのかが凄く気になりました。

そういう人達の思想は日本人特有の考え方なのか、それとも海外独自の考え方があるのか、それを実際のリアルで確かめてみたいと思い始めました。

例えば、日本人の思想は集団思考であり、目立っている人物やトップの考え方をパクリ、真似をしたり工夫や応用するのが当たり前なのですが、たまにそれが間違った方向に行く可能性があります。

その思考のせいか日本はこのまま無惨に衰退していくばかりだと思います。

「凡人は天才を殺す」と言いますが、凡人の数の方が多いので当然だと思います。

そもそも英語を話せないと話にならない

実際に現地の方に話を聞けたら簡単なのですが、僕は英語を話す事が出来ません。

なので、「出来ない」と決めつけるんじゃなくて今日から「出来る様にしよう」と思います。

「出来るか出来ない」じゃなくて、「やるかやらないか」だと思うんですよね。

単にこれは自分のこれまでの勉強不足であり、この海外生活で今更本気で英語を勉強したいと思えるきっかけにもなったので良しと思います。

それに世界の情報の大半は英語で出来ているので、真実を確かめるのにも良いと思うんですよね。

この問題に対して、僕が見つけた答えは、ワーキングホリデーで英語を学び1年間海外に行くのもありだと感じました。

僕はまだ28歳なのですが、31歳を迎える誕生日の3ヶ月前まではワーホリを利用出来るそうです。

ワーホリは年齢制限があるので、この期間中に1回は必ず行こうと思います。

自分はやはり凡人以下である

日本に住んでいる時は自分は凡人だと思っていましたが、海外に来てみると「自分は凡人以下の存在なんだ」と改めて実感します。

それは言葉の壁だったり、海外の本物の富裕層を見たりした時に時々思いました。

自分がそこに辿り着くには今やれる事をやるしか無いので、まずは英語を勉強しようと思います。

一気に人生は変えれませんが、地道に愚直に人生を変えて行こうと思います。

それに海外に来てまたやりたい事が新たに見つかったので本当に良かったです。

英語の勉強をする際におすすめのアプリや教材があれば是非教えて下さい。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

ゆうすけ@底辺FIRE

資産400万円の底辺FIREがYahoo!ニュースと週刊SPAの雑誌に掲載されました。
2022年1月24日に僕の書いた書籍「資産400万円の底辺FIRE」がAmazonで発売されているので是非読んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA